ガラスコーティングで綺麗をキープ!上質なツヤを保とう

ガラスコーティングで綺麗をキープ!上質なツヤを保とう

作業員

汚れや雨を強力にはじいてくれる

自動車のコーティングにはいくつか種類がありますが、ガラスコーティングは強固なガラス分子を形成し、皮膜を作って自動車のボディに定着させるコーティングのことで、汚れや雨を強力にはじく事ができます。ガラス皮膜はかなり硬いので自動車への傷も付きにくくなり、落ちにくいのでコーティングの効果が長続きし、洗車も簡単にできます。コーティングをしたからお手入れをしなくては良い、ということではありません。汚れがついたらすぐに洗車をしたほうが、早く汚れを落とすことができます。

車とハート

ツヤが出るので新車のようなピカピカの仕上がり

ガラスコーティングをすると元々の自動車の色を奥から美しく引き出し、周りの景色が写りこむほどのツヤが出て、まるで新車のような輝きのある仕上がりになります。ワックスをこれまでのように度々かけて磨かなくても、水だけの洗車でツヤが持続するのでお手入れが簡単なので、自動車のお手入れにかける時間や場所がないユーザーには大きなメリットといえるでしょう。ガラスコーティングを施工してくれる専門業者は大阪にも多くあります。

ガラスコーティングと樹脂コーティングの違い

ガラスコーティングの特徴

ガラスコーティングは樹脂コーティングより施工に時間がかかり高価になりますが、硬いガラスの皮膜を作るので耐久性があり、効果が長時間持続することができます。また傷が付きにくいだけではなく、紫外線や酸化にも強いのでボディへのダメージが少なくなります。

樹脂コーティングの特徴

樹脂コーティングは皮膜の原料がシリコンであることが多く、ガラスコーティングより手軽に施工できます。施工したばかりの時はツヤが出て美しいのですが、耐久性はガラスコーティングより持続性がないので、短い期間での施工を繰り返すことになります。

広告募集中